TOP > [日記]病気のコト > 下垂体機能低下症とは?
2012年01月28日 (土) | Edit |
自分なりにまとめてみた。これ違うよ?とかあったら教えてください
なお難病情報センターのWEBサイトのほうがわかりやすく説明してあります

難病情報センター/下垂体機能低下症




・脳下垂体について(Wikipedia調べ)
下垂体(かすいたい)または脳下垂体(のうかすいたい)とは、脊椎動物の体に存在する器官のひとつで、多くのホルモンを分泌する内分泌器官。脳に接して、脳の直下(腹側)に存在し、脳の一部がのびてぶら下がっているように見えることからこの名がある。

下垂体は、脳とともに、硬膜に包まれており、脳の腹側に接している。視交叉の後方、間脳の視床下部に接する位置にある。下側は、頭蓋骨の蝶形骨に接する。ヒトなどの蝶形骨には、下垂体がちょうどはまり込むようなくぼみがあり、これはトルコ鞍と呼ばれる。

内分泌器官である下垂体には、血管が非常に発達しており、分泌されたホルモンが効率よく血流に乗って全身に運ばれるようになっている。下垂体前葉のホルモンの分泌を調節するホルモンは、視床下部から分泌されており、下垂体を通る血管のうちの一部は、視床下部を経由してから下垂体に入るため、視床下部の分泌調節ホルモンの刺激が効率よく下垂体前葉に伝わるようになっている。

一方、下垂体後葉ホルモンは、視床下部の神経細胞で産生され、神経細胞の軸索をとおして、運ばれる。この軸索は視床下部から下垂体後葉にまで達しており、ここで血管に放出される。

・分泌するホルモン
前葉
ACTH (副腎皮質刺激ホルモン,adrenocorticotropic hormone)
GH (成長ホルモン,growth hormone)
PRL (プロラクチン,prolactin)
TSH (甲状腺刺激ホルモン,thyroid stimulating hormone)
LH (黄体形成ホルモン,luteinizing hormone)
FSH (卵胞刺激ホルモン,follicle-stimulating hormone)
中葉
MSH (メラニン細胞刺激ホルモン,melanocyte-stimulating hormone)
後葉
OXT (オキシトシン,oxytocin)
VP(=ADH) (バソプレッシンまたは抗利尿ホルモン,vasopressin)



脳下垂体のホルモン分泌低下を俗に『下垂体機能低下症」と呼びます。
現在は特定疾患に認定されて研究名は「間脳下垂体機能障害」です。

「下垂体機能低下症」と言ってもまたその中でも細かく分類されます

・1つのホルモンの分泌低下を単独欠乏症(例:ACTH単独欠乏症など)
・2つ以上のホルモンの分泌低下を下垂体機能低下症
・すべてのホルモンの分泌低下を汎下垂体機能低下症

なお刺激ホルモンと名前がついてるものはその名前のホルモン分泌を促すホルモンです
簡単に言うと下垂体機能低下症の患者は副腎機能が悪くて副腎皮質ホルモンが分泌されないのではなく
その上位指令に当たる副腎皮質刺激ホルモン(副腎皮質ホルモンを出しなさいよと命令するホルモン)が分泌されないので
結果副腎皮質ホルモンが分泌されず、副腎不全などに陥ります

興味がある人は各ホルモンをググって見てください。
気が向いたら各種ホルモンについて私なりの認識をまとめてみようと思います。

ちなみに私はすべてのホルモンの分泌低下の『汎下垂体機能低下症』です
クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
コメント
この記事へのコメント
汎下垂体機能不全
色々病気があってσ(^_^;何に気を付ければいいのかな?
交流サイト仲間にしていただけると嬉しいです。
2012/05/26(Sat) 04:53 | URL  | スマイル #Z1IwPY76[ 編集]
Re: スマイル様
訪問&コメントありがとうございます
お返事遅くなって申し訳ありません
いろいろ気をつけないと行けないことはその人それぞれだと思います。

私の場合はやっぱり一番怖いのが急性副腎不全なのでコートリルの飲み忘れ、体調不良時の増量などは
気をつけています

これからもよろしくお願いします
2012/06/06(Wed) 00:13 | URL  | さだ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/15(Fri) 18:30 |   |  #[ 編集]
Re: 匿名様
訪問&コメントありがとうございます。
さて下垂体機能低下症でかかる科ですが、脳腫瘍や外科的治療を行う場合は外科治療を行なってそのまま脳外科にかかることもあるらしいです。

私の場合は生まれつきということもあって外科治療がなかったので、内分泌代謝内科にかかっています。
下垂体機能低下症は内分泌代謝内科が一応専門だと思います。

橋本病については甲状腺ホルモンの低下で起こる甲状腺機能低下症みたいな感じだと思います。
ただ私も橋本病については詳しくないので一度調べてみるといいかもしれません。

これからもよろしくお願いします
2012/06/23(Sat) 17:26 | URL  | さだ #uZ09ogyI[ 編集]
私も、脳下垂体機能低下症です。20歳で、完治ということになりましたが、未だに症状が出て、たまに寝込みます。今は、全て薬はやめ、ツムラ23だけ服用しています。ハーディの手術もしました。コートリル副作用ひどくないですか?今は、全国に、1600人以上いる病気で、特定疾患にもなりましたね。私の時は、本当にモルモット状態で、コートリルすごい量のまされてました。笑 医療は、進化してますし、早く完治できればいいですね、お互いに!
2012/09/15(Sat) 18:11 | URL  | nana #-[ 編集]
Re: nana様
訪問&コメントありがとうございます

お返事遅くなって申し訳ございません。

まずはじめに下垂体機能低下症が完治するということに驚きました。
完治と言うことは出なかったホルモンが自己分泌するようになったということですかね?
とても興味深いです。

今までデカドロンを飲んでいましたのでそれに比べればコートリルの副作用は軽いかな?って思います。
ただデカドロンと比べて作用時間が短いのでコルチゾールの少ない時間帯はやっぱ頭痛とかがひどいですね。
特定疾患になったのは本当に救いです。
これからもよろしくお願いします
2012/09/30(Sun) 22:45 | URL  | さだ #uZ09ogyI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/20(Tue) 18:38 |   |  #[ 編集]
Re: 非公開様
コメントありがとうございます

一生治らない、ずっと薬に頼らざるをえない病気にとって一番大事なのはQOLだと思います。
いかに負担を減らして日常生活を送れるかが大事なのかなぁとおもいます。

非公開様にとって今回の検査が非公開様のQOLの向上になり、日々の生活が楽になることを祈っております
2012/11/21(Wed) 23:31 | URL  | さだ #uZ09ogyI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック