TOP > [バイク]バイクのお話 > 小型二輪のメリット デメリット
2015年08月09日 (日) 23時38分 | Edit |
一個前の記事で書きましたがなぜ小型二輪が維持費が安いのかについて少し触れてみます

道路を通行するには「道路交通法」と「道路運送車両法」という法律にしたがって運転します
この2つの法律がどのような意味合いかは今回は割愛します。興味がある方は調べて下さい。

125cc以下のバイクは俗に「小型二輪」とか「原付二種」とかいう言い方をします

道路交通法では125ccは普通自動二輪の枠組みに入ります
なので免許証も普自二の記載がされており条件等に普通自動二輪は小型に限ると明記されています
限定付き普通自動二輪というわけです

道路運送車両法では125cc以下の二輪は「第二種原動機付自転車」の扱いで「原付」の枠に入ります
ちなみに50ccの二輪の場合は道路交通法だと原付。道路運送車両法だと第一種原動機付自転車となります。

なんか色々ややこしくて難しいですよね。
ちなみに教習所では道路を安全に正しく走行する方法を教える場なので道路交通法しか教習しません

じゃ道路運送車両法ってなに?って感じです

道路運送車両法 第一条  
この法律は、道路運送車両に関し、所有権についての公証等を行い、並びに安全性の確保及び公害の防止その他の環境の保全並びに整備についての技術の向上を図り、併せて自動車の整備事業の健全な発達に資することにより、公共の福祉を増進することを目的とする。



まあ要は自分が運転する車の保安や整備等に対しての法律って感じですかね。
そこで自動車保険はこの道路運送車両法が適用されてきます

そう! 小型二輪は道路運送車両法では原付扱いなわけでして、自賠責保険、任意保険が原付と金額が変わらないのです!!
これは維持費的にかなり違ってきます

これはあるサイトのページの一部です
自賠責保険

この画像で書かれてる自動車の種類の名前はすべて道路運送車両法に基づくものです

もうかなり違いますよね。
街乗り、通勤などではとてもいい足だと思います。
任意保険等もかなり違うと思います

こんだけ良いことづくめでいいじゃん!と思いますがちゃんとデメリットも有ります

「自動車専用道路」が走行できません。
自動車専用道路とは高速道路だったり一部有料のバイパス道路だったりと。
ツーリングする上でこれがネックになりいちいち遠回りしたり、急に自動車専用道路の標識が出てきて慌てて避けたりと・・・

ですが私はあまり遠乗りはする予定もなく、高速道路も走りたいとは一切思わないのでもう125ccが本当にちょうどよい感じなので
小型二輪を取得しました。

AT限定にしたのは、小型二輪でMT車が少なく乗りたいバイクがAT車だったので少しでも値段を抑えるためにAT限定にしました
クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック