TOP > [各種ホルモン]性腺刺激ホルモン > ゴナドトロピン欠乏について
2012年02月07日 (火) | Edit |
このブログを書こうかすごく迷いました。
この題目の事を書くなら避けて通れない事実があるからです。

ゴナドトロピン欠乏とはいったいどういう症状なのか
これもまた詳しくはわからないけど要は

「性の成長を促すホルモンの欠乏」だと思ってます。

私は生まれつきの病気でゴナドトロピンも自己分泌がありません。
テストステロン補充治療を開始したのは高校卒業後でしたので第二次性徴もありません。

第二次性徴とはってなりますよね今度は
あーほんとこの病気を説明するのって大変だったりします・w・

・第二次性徴についての説明はこちら
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E6%80%A7%E5%BE%B4

まあ簡単に自分の状態で説明すると
男性器が子供なんです。

一時期テストステロンである「エナルモンデポー」という注射を月2回打ってました。
その頃はある程度の性器が大きくなり、精子も出るようにはなりましたけど
26歳でエナルモンの注射が嫌になり中止
どんどん男性器は縮小していき、精子も生成がされなくなりました。

去年暮れから再びエナルモンを再開したことである程度精子は出るようになりましたがまだまだ少ないって感じですね。

33歳のいいおっさんが男性器は子供っていう状況なんですよね
テストステロンを補充してたときもやっぱり子供サイズではあるんですけどね。
そんなんもあって恋愛とかがどうしても怖くて出来ませんでした。

さてそんなこんなでこのブログを書くにあたってゴナドトロピンについて調べてて
mixiの下垂体コミュのトピックを見てたらあるトピが目に留まりました

・現在の補充内容は月2回によるテストステロン外部注射による補充。
・テストステロンだけでは精子は出来ないとの事
・テストステロンは睾丸で分泌されるホルモンである
・下垂体機能低下症は脳下垂体のホルモン分泌不全症なのでたぶん睾丸のホルモン分泌は自己分泌できるはず
なのに自己分泌されないのはその上位関係にあるLH とFSHが下垂体前葉で分泌されるので分泌されない
・LH とFSHとはテストステロンの分泌を促すホルモンである

っていうことを踏まえて考えるとテストステロンを補充じゃなくLH とFSHを補充すればテストステロンは自己分泌出来るのではないかという疑問

mixiコミュのところでは ゴナドトロピンとゴナールエフを注射してる方がいるのでその選択肢もあるのかもしれない
次の外来時には主治医に相談しようと思います。

クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック