TOP > [日記]内分泌代謝内科外来 > 2012年3月15日 内分泌内科外来
2012年03月15日 (木) 22時00分 | Edit |
さていろいろと話してきました
朝一採血して午前10時30分に予約。
その後診察に呼ばれたのが午後12時30分
予約時間が2時間も押してました。
待つのって疲れるんですよね。

さて前回の記事で聞きたいことをまとめたので今回は聞いたことをまとめてみようと思います。

>1.男性ホルモン製剤「エナルモン・デポー」は筋注用と記しているが過去に自己注射してた時も
現在も自己注射は皮下注射しているがそれでいいのか?

これに関しては私の認識ミスでした。皮下注射と思ってやってたのは実は筋肉注射だったのです。ということで解決

>2.「エナルモン・デポー」は油っぽい製剤で注射器も普通のシリンジと23ゲージの針で打つので
痛いし、薬が油っぽいので注入がしにくい。もっと楽に自己注射できるテストステロンはないのか?

テストステロン製剤はみな油っぽいらしい。現状はテストステロン補充はこんな感じになるとのこと

>3.そもそも下垂体機能低下症によるゴナドトロピン低下で性腺刺激ホルモンがでないから、テストステロンがでないので性腺刺激ホルモンを補充すればテストステロンは自己分泌するんじゃないのか?
だったらテストステロンを補充するのではなくゴナドトロピンを補充したらどうなのか?

ゴナドトロピンを補充すればテストステロンは分泌されると言っていました

>4.3の場合の補充注射はゴナトロピンとゴナールエフの併用注射なのか?
その場合現在のテストステロンの補充治療よりQOLは改善されるのか?

QOLの質自体は大差ないらしい。現状はテストステロン補充治療で何年もやってるので現状維持が好ましいとのこと

>5.この間風邪で行った自宅に近い小さな診療所。もしテストステロンを補充継続なら注射感覚が2週間に1回なので注射するときそこの診療所で打ってもらえないだろうか?

前にかかってた病院ではエナルモンデポーを処方してもらえたのですが今の病院では処方はできず院内注射のみらしい。なのでその診療所でエナルモンデポーが用意できればそこの診療所で打ってもらってもいい。
エナルモンエポーを用意できるか診療所に確認してからもう一度内分泌に来て改めて紹介状を書いてくれるらしいです


とまあこんな感じです。
そして今回の外来で大きな変化が

副腎皮質ホルモンの補充治療の方法を変えることになりました。

現在はデカドロンを粉末にして0.2ミリを朝食後
コートリル5ミリを夕食後でしたが
今度から

朝食後 コートリル10ミリ
昼食後 コートリル5ミリ
寝る前 コートリル5ミリ

とコートリルによる副腎皮質ホルモンの管理をすることになりました
これで様子を見て体調が崩れるようならまた変化したりと模索していくとのこと

ただし主治医曰く
デカドロンは長時間作用型なのでコルチコイドは一定に作用してる
でもコートリルは短時間作用型なのでコルチコイドの作用は波打つような感じになるので
ずっとデカドロンで管理してた私にとってはかなりの違和感があるかもしれないので注意してくださいと言われました

ちょっと不安もありますが、人間の副腎皮質ホルモンに一番近い成分でできてるのがコートリルらしいので
体への負担や副作用はデカドロンよりもはるかにリスクは低いと言っていましたので、いい方向に働けばいいなと思います。

クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さていろいろと話してきました朝一採血して午前10時30分に予約。その後診察に呼ばれたのが午後12時30分予約時間が2時間も押してました。待つのって疲れるんですよね。さて...
2012/03/18(Sun) 20:32:06 |  まとめwoネタ速suru