TOP > [日記]内分泌代謝内科外来 > 2012年4月4日 内分泌内科外来
2012年04月04日 (水) | Edit |
まずは3月15日に採取した血液検査のホルモン値から

1_20120404171151.jpg

まずソマトメジンCから
現在の値が164との事
基準値はこちらを参照 http://www.medic-grp.co.jp/kensa/db/graph/4013g.html

ずっと成長ホルモンを打ってなかった状態で再開したため骨痛が発生しました。
そのため成長ホルモンの量を0.3と0.6を交互に月~土で打ってましたが、骨痛がなくなったのと基準値から見えてもやや低めなので今日から常時0.6で行くことになりました。

まああとは特に注目することは無いですね。さすがのACTHやコルチゾールは低いですが・・・

次に男性ホルモンの事です。
今までテストステロンホルモン製剤であるエナルモンデポーは自宅で2週に1回筋注を自分でしてましたが、筋注の大変さと製剤のドロドロした感じによる注入困難から自宅近くの診療所で打ってもらうことになりました、
内分泌の主治医がうちの近くのDrに指示書を作成してくれるので仕上がり待ちといったところですか。

性ホルモンの詳しい流れは脳下垂体で性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)が分泌され睾丸でテストステロンが分泌される流れですが
現在私はそのテストステロンを直接補充してます。
上位関係であるゴナドトロピンを補充してテストステロンを自己分泌する治療もあるのですが現状の私の生活から考えるとこのままテストステロン補充が好ましいと言われました。
今後結婚して子供がほしいとかなればゴナドトロピン補充になるそうですがまぁ結婚はありえないと思いますので。

さて次にバソプレッシンの負荷試験の事です。
詳細はこちら http://square.umin.ac.jp/endocrine/hottopics/20120326avp.pdf

次にTwitterで交流のある同じ病気の方がこのことを主治医に聞いてきたまとめがありますので引用します

①デスモの検査薬は大昔に作られてもうなくなってしまった
②新しく開発されたけど認可がおりてない
③使えるように下垂体の偉いお医者様が頑張ってくれている
④但しすぐ保険適用で汎用として使えるようになるかは分からない



引用元のTwitterへの直リンクは避けさせてもらいます。ご了承ください

私も今日聞いてきた内容はほぼ一緒でした。担当医が「間脳下垂体機能障害」の研究班に早急な解決をお願いされたらしいです。
現在負荷試験によって補充方法が確定してる患者さんはいいとして困るのは今から治療方法を確定するために通院してる患者様ですよね。
早い解決を期待したいです。

・追記
バソプレッシンの負荷試験は抗血清がなくなったからだそうです詳しくはこちら http://www.medience.co.jp/information/pdf/12-05.pdf
クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック