TOP > カテゴリ > [各種ホルモン]成長ホルモン
--年--月--日 (--) --時--分 | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
2012年02月05日 (日) 21時49分 | Edit |
成長ホルモンってたぶん人間のホルモンの中でもよく耳にするホルモンだと思います。

一般的には小児時の身長を伸ばすためのホルモンって認識だと思います。

たぶんそれであってると思います。

成長ホルモンは身長を伸ばしたり、体の成長を促すホルモンだと思います。
このホルモンが欠乏してると低身長や小人症と言った症状になります。

でも成長ホルモン低下症による低身長や小人症は成長ホルモンを注射によって投与することで
一般的な身長まで伸ばせるため、さほどお先真っ暗的な症状ではないと思います。

では成長ホルモンは身長を伸ばすためだけに必要なら成長期が終わって身長が止まったら
もういらないホルモンなんじゃね?って思うと思います。

答えはノーです

成人にもちゃんと成長ホルモンが下垂体から分泌されています。
では成人の成長ホルモンが不足するとどういったことが起こるんでしょう。

これはあくまで自己調べによるものと体感で書きますのでまた違ったり、こんなこともあるよ?とかあれば
コメントよろしくです!

1、疲れやすい
2、肥満になりやすい
3、骨密度低下

このうち今の私に当てはまるのは2と3ですね
疲れやすいって言うのはなんか昔から成長ホルモンを打ってたときから疲れやすいかな
基本体力が私はないのですぐ疲れちゃいます。
もしかしたら注射してない期間が長いので特になのかもしれませんけど。
注射を続けていって疲れにくくなればいいんですけどあんま期待はしてません。
まあ私自信がめっちゃ運動不足なのもあるんですけどね

まあそんなこんなで私にとってはいまいち成長ホルモンの存在を実感できる事が起きてないので
よくわかってません

コルチゾールが不足するともう自覚症状がバリバリでますけどね

でも前回の日記にも書いたのですがお子さんが成長ホルモン低下症による低身長の場合は
がんばって注射をすれば絶対人並みには大きくなると思うのであきらめないで頑張ってください!
クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
2012年02月04日 (土) 23時53分 | Edit |
私は今成人成長ホルモンを皮下注射によって補充治療を行ってます。
成長ホルモンって聞くと背を伸ばすためって思いますよね。
よく言われるのが「大人になって十分な身長もあるのに成長ホルモンやらなきゃいけないの?」って言われます。
私自信もそう思います。

生まれつき汎下垂体機能低下症による成長ホルモン欠乏の小人症でした。
小学校入学時は「ランドセルが歩いてる!」と言われるほどのどチビで
中学校入学時に「小学生が中学にいる!」とか言われまくってました。

生まれつき病気を持ってて一番辛いのはやっぱりイジメですね。
人間、とくに子供っていうのは素直です。
普通の人と違う人を見るとやっぱりからかいたくなったりするんでしょうね。
私もよくいじめられました

そういうのもあって担当医に「この注射をがんばれば絶対背伸びるからがんばれ!」と言われてました。
物心付いたときはもう注射してましたね。

昔は普通の注射器に注射針で成長ホルモンを生食で溶解して投与してました。
その頃はまだペン型の注射器なんてなくてこんな注射器でした。

4930_1.jpg

小さい頃は母親がお尻に毎日打ってましたね。
小さい頃はそれがたまらなく嫌で嫌でしょうがなく逃げたりしたときもあったり(笑
でも主治医の背が伸びるって言葉を信じて頑張ってきました。

何歳の頃か忘れましたけど成長ホルモンのペン型の注射が出来て自分で接種することが可能になりました。
確か一番最初のペン型成長ホルモンはノルディジェクトという名前だった気がします。

その頃はもう中学生にはなってたのかな?最初自分で注射するのがものすごい恐怖でよく覚えています。
まあ今も刺す瞬間はやっぱり躊躇するときがありますけど。

その後成長ホルモンの注射が「ヒューマトロープペン」というのに変わりました。
ノルディジェクトもヒューマトロープも画像を探したんですが見つからなかったのでご了承を!
そして高校3年生ぐらいのときに一気に身長が伸び始めたんですよね。

成長ホルモン低下症は低身長もさることながらきっと背が伸びる成長期も人より遅いんだと思います。

現在小学生、中学生で小人症のため成長ホルモンを打ってるお子さんへ
注射なんてとっても嫌だと思います。私も嫌でした。嫌で嫌でたまりませんでした。
でも嫌でも頑張れば絶対背は伸びます!
人より伸び始めは遅いかもしれません。もう伸びないよって思うかもしれませんけど
ちゃんと成長ホルモンを打てば伸びると思いますので頑張ってください!

さてそしてそんなこんなで私の身長は167cmです
まあ人並みには伸びたのかなとか思います。
これでも自己注射にしてからはかな~り注射をサボったりしたのですよ(笑
ちゃんと注射をサボらないでもっともっと頑張ってればもっと伸びたと思います。

そして身長も止まって成長ホルモンをやる意味が正直私にはわかりませんでした。
自己注射が嫌でたまらなく、かつもう背が伸びないって言うので私の心は折れましたね。

そんなこんなで22歳の頃に主治医に勝手に成長ホルモンをやめちゃいました。

正直成長ホルモンをやめても自覚症状はあんまりでなかったんですよねー
でも主治医がやったほうが絶対にいいと言い24歳で成長ホルモンを再開
今度は「ジェノトロピンペン」という成長ホルモンを始めました。

jeno.jpg

頑張って2年打ちましたけどやっぱり打ってない期間と比べて身体的に自覚がないほど変わらないんですよね。
人によっては成長ホルモンの有り無しで大きく体調が変わるらしいですけど私にはあんまり感じられませんでした。

そして26歳でまた辞めちゃいました。

そして昨年33歳冬
今までずっと小児科の内分泌内科で診察を受けてましたけど、一般の内分泌代謝内科に移りました。
今までは小さい頃から見てくれてたドクターでしたし、小さい頃の病気の説明や治療の説明はすべて母が聞いてました。
でも母に尋ねると忘れたといわれるんですよね~
かといって小さい頃から見てもらってる先生だったので私自信も頭が上がらないし改まって聞けなかったんですよね。
今回大人の科に移りドクターも変わりましたので今までわからないことなんかをバシバシ聞きまくってます

そして最近の体重増加の可能性の一つに成長ホルモン不足、骨密度低下の要因の一つに成長ホルモンなどあり
自分も今回は初めて納得して成長ホルモンを再開しました
今回の成長ホルモンは前回と同じくジェノトロピンなんですけど、注射器が薬剤がなくなったら使い捨てできて
薬剤補充の面倒がない「ジェノトロピンゴークイック」というものになりました。

1005_img01.jpg

これから体がいい方向に進むことを祈って注射を頑張っていこうと思います。
次回は成長ホルモンを役割について説明できればいいなと思います。
私も完全に把握してるわけではないので調べながらなんですけどね
クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。